For English click on the tab ENGLISH

東京アーバンパーマカルチャー(TUP)の世界へようこそ!

このブログでは僕のワークショップ(WS)やイベントの告知をしています。
WSの最新情報や活動の近状に興味ある方はメーリングリストに入ってください。
右の欄にメールアドレスが書かれています。

東京からサステナブル(持続可能な/共生的)社会を育むための実験と実践を行っています。
世界の最新情報やスキル(技術)を学び、
それを体感型のワークショップで日本に紹介しています。
パーマカルチャー、非暴力コミュニケーション(NVC)、禅(マインドフルネス)、
システム思考、ユースのエンパワーメントなどが活動の軸です。
活動仲間や企画者を常に募集しています。
よろしくお願いします。

次世代のためにも、一緒に平和で希望のもてる社会を創作していきましょう!

Tuesday, April 24, 2018

「いのち」の世界で暮らす - 辻信一さんとのトークライブ memo


仲間の新井さんが
4月7日に善良寺で行った
辻さんとのトークライブを
メモってくれた。

テーマは死と生
僕は、パパになったことの話をお願いされていた。

ニュアンスがまだ上手く日本語で表現できてないけど
そこらへんは多めに見てね。
男、女の話は社会の構造(システム)の話で
個人が悪いとか言っているわけじゃないから
男性のみなさん、ご了承くだせ〜

Check it out!
*ちょっと編集した部分もある

オリジナルはここ

ーーーーーーーーーーーーーーーー

4月7日夜、戸塚の善了寺で辻信一さんとソーヤー海くんのトークを聞いてきました。辻さんの亡き母の回顧展の最終日、テーマは「死と生」でした。
冒頭に海くんから、会場のみんなに質問がありました。

「生きること」って何だと思いますか?
というものでした。

数人の回答を聞きながら、僕はこんなことを考えていました。
シンプルに言うと「死ぬまでの時間を過ごすこと」かな。
寿命まで生きるかもしれないし、
病気になるかもしれないし、
不慮の事故で今日の帰りに死んでしまうかもしれない。
だから、その限られた時間を大事に生きる。
可能なかぎり、丁寧に、穏やかに、楽しく過ごす。
以下、海くんの話したメモです。


●「いのち」の世界で暮らす

長い間、彼女との間で、
子どもが欲しい、欲しくないという話が続いていた。
僕は子どもが欲しいけど、彼女は欲しくない。
子どもが欲しいことも、パートナーシップも、どっちも大事。
当時、彼女自身の体調が悪いこともあり、
彼女が健康で過ごせることを優先した。
すると、しだいに彼女の意識が変わり始めた。
千葉県いすみ市に移住して自然に囲まれ、
あふれる「いのち」を実感するようになった。
そして5軒の長屋には、子どもがたくさんいて、
今は大人が9名、子どもが9名という環境。
日常の暮らしで、子どもの話が多く出るし、
なかには「3人目どうしようかな?」という人もいる。
そういう日々を過ごすうちに、
彼女の意識も
「子どもがいる暮らしが当たり前」と変化してきた。
やっぱり、暮らす環境がすごく重要。

現代の都市文明は「殺す」文化になっている。
殺虫剤、除菌グッズ、薬用石鹸など、
自然界に存在するものを敵とみなして
「死の文明」をつくってしまった。
逆に、田舎は「いのちの誕生」がベースにある。
田舎にいると「いのち」のお祝いが毎日ある。
カエルの声、鳥のさえずり等。
そういう環境に身を置いていると、
僕は「この星にお祝いしにきた」ことを思い出す。
それが自分にとって「生きること」のひとつ。
生きる目的は、いのちを祝福するため。
生態系の一部として生きる。
全体を構成するなかで、
自分の役割を知って生きる。
いのちの繋がりを感じていると、
始まりと終わりのない世界が見えてくる。
区切ることに意味を感じなくなってきた。
あなたとわたしの境界線があいまいになる。
肉体がなくなっても、存在は生き続ける。

また、調味料や牛乳などがないときに、
隣の人に声をかけて分けてもらう。
近所の人に何か助けてもらえる安心感。
都会はコンビニやスーパーに支えられている。
繋がりから生まれる自然な思いやりが大事だけど、
それがない孤立した社会になってる。
レジの人と会話しないことが当たり前。
人と人の関係がおかしくなっている。

日々、「生きること」について考える。
自分の心の中の「いのち」に水をやるのか、
政治や制度を批判することに水をやるのか?
都会には見える自然が少ない。
コンクリートのビル、アスファルトのすき間の雑草。
「自然」よりも「お金」を大事にする社会。
それを社会や国レベルでやると、その先には「死」しかない。

My life is my message.
というガンジーの言葉が好き。
「私の人生が私のメッセージ」という意味。
子どもをどういう世界に招待するのか?

●活動家の子育て

京都北部で暮らすシングルマザーが、
「子づくりばかりせんと、子育てしいや」と言っていた。
活動的な人は、新しいことを始めがちだけど、
それを丁寧に育てて続けることが少ないという皮肉なのだ。
とくに男性は、そういう傾向がある。
例えば子どもを持つとしても、
男は外に出て、子どものことを忘れることがしやすい。
けれども母親は、24時間、子どもと過ごす。
男と違って、それが人生そのものになる。
(傾向の話だから、みんながみんなそういう訳ではないよ)

いろんな活動家の親子を見てきた。
各地を飛び回っていて家にいないので、
家庭の平和が得られていないケースも多い。
サラリーマンと同様に
親子間の親密な繋があまりないことも。 
世界を良い方向にと忙しく働きかけて
家庭、子供、自分が置き去りになってしまう悲劇。

子どもとどう過ごすか、
妻とどう過ごすか、
妊婦さんにどう共感するか、
そういうことがすごく大事。
男は離れられるが、女は24時間。
例えば、母乳が足りないときに、
ミルクをあげるかあげないか、
あげるなら、どのメーカーのミルクにするか等、
日々難しい選択に迫られている。

僕は専業の「お父さん」(主夫)をしている。
月に一度、都内に出てイベントに出るくらい。
でも一般的な会社員はそれができない。
お父さんが子育てに関われないのは社会問題。
都会は子どもと女性が排除される空間になっている。
効率的な経済活動をするために、しかたない?
根本的に仕組みを変えるは難しい。
子どもは瞬間瞬間に育っていくので、
できるだけ一緒にいられることが大事。

●正しさよりも、優しさを

今はプレッシャーや恐れを原動力にしている社会。
親になるというプレッシャーが大きい。
でも、子どもは社会の宝だから、
みんなでお祝いして、みんなで育てる必要がある。
自分や会社の利益をいかに増やすかを考えている。
そうではなく、思いやりと優しさの社会へ。
ニーズを大事にしたい。
みんなが豊かになる世界を目指したい。
それは日々の小さなアクションで可能。
優しさの実験をやってみよう!
例えば、妊婦さんを見かけたら微笑んでみる。
すると、自分の心が変わっていく。
誰かに席を譲るときに
頭で考えた正しさからではなく、
心からの優しさと思いやりで行なう。
そういう自分の心を育てたい。
自分より高齢な人や妊婦さんが目の前に現れたときに、
そのチャンスを活かすかどうか、
それは優しさの世界への「招待状」だと考えてみよう。
受けるか受けないかは、そのときの気分でいい。
疲れていたら、その招待は見送ってもいい。
もしくは、何かを盗むのと反対のことで、
誰かに勝手にものをあげて、すぐ逃げるのもいい。
本当は、気づかれずに親切にできれば最高。
これは「恩送り」のゲーム。
何が正しいかは、人それぞれだから、
「正しい」ことではなく、「優しさ」を育てよう。
他者に優しくすると、自分にも優しくなれる。
自分が席を譲ったときは、
次はあなたの番ですよって
周りの人に優しさの世界へ「招待」している。
いつでも参加できるけど、参加しなくてもいい。
そんな「席譲りゲーム」に君も参加しよう!

Monday, April 23, 2018

4月30日 教育者のためのマインドフルネス・デー



教育関係のみなさん
これいけそうだったら是非行って〜
世界観と気持の余裕がだいぶ変わるはず

日々の忙しいスケジュール
受け継いだ様々な教育現場の課題
子供に向かない教育システム
文部科学省、先輩、親からのプレッシャー
余裕のないような状況にいる人にこそ
心の余裕を育むマインドフルネスがオススメ
そこから自分を癒し、理想を取り戻し
子供達の人間としての成長に貢献していこう

幸せな先生が
世界を変える



以下、PEATIXのサイトより

『ティク・ナット・ハンの教えに学ぶマインドフルネス』

◆研修会の内容
生活指導や授業の準備、保護者の対応、部活の指導などに追われ忙しい日々を送る先生たち。一度立ち止まって、ゆっくり呼吸をし、「いま・ここ」に還る時間をもちませんか?
ティク・ナット・ハン師の教えるマインドフルネスの実践は、立ち止まり、微笑み、ゆったり自分の呼吸に戻ることで、「いま・この瞬間」の気づきへと私たちをいざないます。マインドフルネス、それは私たち一人一人の中に調和と愛を生み出す、気づきのエネルギーです。
ティク・ナット・ハン師によって広められたマインドルネスの実践は、現在、世界中の多くの教育機関にも取り入れられています。
師の教えをそのままの形で伝えるプラムヴィレッジのシスター&ブラザーと共に過ごし、じっくり話に耳傾け、心から語り合い、食べる瞑想や歩く瞑想をゆったりと体験できる1日を設けます。
ティク・ナット・ハン師ご自身は病気療養中の為いらっしゃいませんが、プラムヴィレッジ(フランス・香港・タイランド)から、師の教えを受け継ぐ僧侶団が来日します。
子どもを育てることに関心のある方なら、どなたでもお越しください。


【日時】4月30日(月)10:00~17:00 (9:30~ 受付)
【参加費】8,000円(昼食代を含む)

【場所】早稲田大学戸山キャンパス 33号館 3階 第1会議室

【対象】学校の先生、保育士さん、子どもに何かを教えている方、スクールカウンセラー、その他教育に関心のある方ならどなたでもご参加頂けます

【持ち物】トータルリラクゼーション(横たわる瞑想)用のバスタオルまたはマット、床に座って法話を聴くときのためのクッションなどをお持ちください。昼食はこちらで菜食弁当を用意させていただきます。お茶などはこちらで用意させていただきますので、マイカップやタンブラーなどをお持ちください。(マイ箸などもよろしければおもちください。)

書籍の販売は現金のみのお取り扱いになっておりますので、書籍購入をお考えの方は現金をご用意くださるようお願いします。

【定員】75名 ※定員になり次第募集を締め切らせていただきますので、参加を考えている方はお早めにお申し込みください。

≪プログラム≫ ※進行状況によって内容が変更することがあります
9:30 受付開始
10:00 開始 ガイド付き瞑想
10:30 法話+Q&A
 
12:00 食べる瞑想
13:00 休憩
13:15 トータルリラクゼーション
14:00 歩く瞑想
15:15 ダルマシェアリング
16:45 閉会式
17:00 終了


◆ マインドフルネス呼吸法
呼吸に注意を向け、ひと息ひと息を味わいます。腹部や鼻腔などの感覚の変化にも注意を向けます


◆ シッティングメディテーション [座る瞑想]
座りながら呼吸を味わい、体の感覚に気づいていきます

◆ 法話
マインドフルネスと教育についての講演をします

◆ イーティングメディテーション [食べる瞑想]   ※昼食が準備されます
ひと口ひと口、深くじっくりと味わい、感謝しながら食事をいただきます

◆ トータルリラクゼーション [ボディスキャン瞑想]
横たわり、足の先から頭頂まで順番に身体感覚に注意を向けて、体をいたわります

◆ ウォーキングメディテーション [歩く瞑想]
足の感覚と呼吸に注意を向け、大地と対話しながら、一歩一歩を大切に歩きます

◆ ダルマシェアリング
一日の気づきをいくつかのグループに分かれて他の参加者と共に分かち合います


ティク・ナット・ハン師のメッセージ
「学校では道徳や倫理を教える時間がありますが、一体何を教えれば生徒の人生に役立つのかを、悩んでいる教師たちが多くいます。
教師と親がマインドフルに生きることのすばらしさを学び、若者たちと一緒に実践できるようにと、プラムヴィレッジは教育者対象のリトリートを世界のあちこちで行っています。
日本では毎年たくさんの若者が、学校でのいじめ、うつ、ストレスなどが原因で自らの命を絶っているようです。
マインドフルネスの実践を導入すれば、多くの命を救うことができ、もっと健やかで、リラックスした、幸せな学校環境を築くことができます。」

※ 教育者のための参考図書 :  ティク・ナット・ハン著(KADOKAWA)
『ブッダが教える「生きる力」の育て方 ~子どもとできるマインドフルネス瞑想~』


【ティク・ナット・ハン】
世界で最もよく知られ、最も尊敬されている禅僧の一人であり、詩人であり、平和・人権活動家でもある。
現在、欧米での影響力はダライ・ラマ法王と並び称される。100冊以上の著書は30カ国語に翻訳され、多くがベストセ ラーとなっている。
近年では世界銀行やアメリカ議会、Googleなどのリーディングカンパニー、ハーバード医科大学やUCLAにも招かれて、講演や瞑想指導をおこなってきた。
昨年、NHK「こころの時代」で2回にわたって紹介され、日本でも大きな反響を呼んだ。

1926年 ベトナムに生まれ、16歳で出家。ベトナム禅宗柳館派8世、臨済正宗竹林派42世の法灯を継ぐ。
1960年代 ベトナム戦争下で「行動する仏教」を提唱し、非暴力と思いやりに基づく反戦活動を行う。キング牧師より、ノーベル平和賞の推薦を受ける。
1982年 フランスで亡命中に仏教の僧院・瞑想センターとして「プラムヴィレッジ」を設立し、人々の苦しみを和らげるための活動を開始。多くの弟子を育てながら、広く一般の人々も受け入れている。世界各地に招かれて、マインドフルネス瞑想を指導する。
2014年 脳出血で倒れるが、91歳の現在、力強い回復をみせている。

現在、プラムヴィレッジは欧州最大の僧院となっている。
さらに詳しい情報は、以下の webサイト『プラムヴィレッジ僧侶団 マインドフルネス来日ツアー2018』を御覧ください。


 申し込み、詳細はここ

Saturday, April 21, 2018

4月28日 Wake Up Day 2018 若者めいそう ~Be Free Where You Are~

若者向けの
自由に生きることを
体感したり考える
マインドフルな一日

若いお坊さん達も
かなりディープ!
でも、お茶目で遊び心がある
素敵な人たち

平和の道を選んだ
面白い人たちと出会う
チャンス!

*******************************
当日は①午前の部 と②午後の部の2部制です。
どちらかだけの参加、どちらも参加、できます!参加方法はそれぞれ↓

①石神井公園(参加費はドネーション): 4/28のFBイベントページで「参加(going)」をポチ。申込完了!

②古民家スペース(参加費¥1,000+ドネーション): WakeUp TokyoのFBページから、⑴氏名 ⑵生年月日 ⑶メールアドレス を明記したメッセージを送信してください。→申込完了!当日までに会場の場所をお知らせいたします(^^) お支払いは当日、現金のみとなります。

*******************************

午前の部は素敵な公園の中でのアクティビティ、閑静な住宅街を流れる川沿いでの歩く瞑想などなど

午後の部は公園のすぐ近く、住宅街の中に佇む、昔ながらの日本の古民家でトークセッションです。伝統的でありながら、キュートな内装のこのスペースは、お坊さんと若者たちのパワーで和やかな癒しの空間となることでしょう😌💛
お楽しみに!

※ 石神井公園や会場へのお問い合わせはご遠慮ください。何かご質問等ありましたら、こちらのページからメッセージを送信してくださいm(_ _)m

A lotus for you_(())_Wake Up Tokyo





Thursday, April 19, 2018

サハラ砂漠のノマドより

サハラ砂漠で育ったノマドの人が
ヨーロッパに行ったときに感じたこと

あなた方は時計をもっている
僕たちは時間を持っている


全文(英語)No Better Place to Meet Yourself


Wednesday, April 18, 2018

【明日4月18日】WAKE UP! DAY 2018 マインドフルネスの一日

若者向けの特別企画

いきなりだけど、貴重な機会だよ!

行ける人はGO!GO!

(拡散できる人もお願いしまーす)


会場 「銀の鈴」 港区西新橋3-8-1第二鈴丸ビル6F

18:00〜20:00 トークライブ第3 Be Free Where You Are




日本初、プラムヴィレッジのポップアップ、マインドフルネスHUBが東京でオープン! マインドフルネスを世界中に広めた禅のお坊さんティク・ナット・ハンが創設したフランスのプラムヴィレッジ僧院。そこから院長はじめ4人の僧侶たちが来日、東京でマインドフルネスをレッスンしてくれます。この貴重な機会にぜひ体験してみませんか? 忙しい日常の中でスローダウンして呼吸に戻り、かけがえのない自分自身との幸せなつながりを取り戻す。そんな実践を学べるマインドフルネスHUBです。ドロップイン形式で、一コマづつ誰でも気軽に立ち寄れます

最大50~60名が、座れるスペースでの実践会です。そのため、プラムヴィレッジのブラザーやシスターと、アットホームな雰囲気の中、身近で瞑想実践ができる特別な機会です。お見逃しなく!

 
 
 
*18日15時以降のお申込みは会場に直接お越しください。



全体スケジュール


2018年4月18() PM:

15:00〜17:00 Come&See マインドフルネス基本レッスン
18:30〜21:00 トークライブ第1
「働く人のためのマインドフルネス
おにぎり瞑想&トークライブ

2018年4月19() AM
07:00〜07:45 朝の「歩く瞑想」 芝公園~HUB会場 「銀の鈴」
08:00〜08:30 座る瞑想
09:00〜10:00 マインドフルネス ヨガ
10:30〜12:30 トークライブ第2
「愛する〜毎日が輝きだす自分と世界の愛し方」
ヨガに参加される方で、必要な方はヨガマット又はバスタオル等をお持ちください。

2018年4月19() PM
13:00〜 ピクニック・ランチ@浜離宮(ベジタリアン・ランチ持参)
14:00〜 トータル・リラクゼーション@浜離宮/OR歩く瞑想@浜離宮
15:30〜17:00 ブライベート・イベント18:00〜20:00 トークライブ第3 Be Free Where You Are
※WAKE-UP TOKYO 若者の向けのトークライブ

Monday, April 16, 2018

5月25〜27日 ソーヤー海 特別ワークショップ in ブラウンズフィールド

6日間の共生革命NVCリトリートが昨日終わった〜!!!

すっごく素敵な集いだった
非暴力と愛のディープな世界

子供もいて、妊婦もいて、
大学生から熟年の農家/活動家まで
凄く多様で多彩なコミュニティー

やっと2011年から夢見てきた世界が
道場で実現した実感が毎日あった

昔の村ってこんな感じだったのかな〜
みんなで助け合いながら
平和の道をあゆむ

(感想は美しいけど
めっちゃ疲れていて倒れそう)

さて、本題へ

近所の素敵なコミュニティーのブラウンズフィールドで合宿やるよ!

テーマは、共感コミュニケーション(NVC)とマインドフルネス
意識と愛の世界の旅
共生革命NVCリトリートの入門編

今回の企画は道場のクラウドファンディングの
リターンとして行うもの
ブラウンズフィールドも経済的な余裕がない中
大口サポートをしてくれて
その名も「ワークショップリターンコース」
( 6月21−22日は長野でこのリターンをするよ)

ブラウンズフィールドは一度は行くといいよ!

以下、ブラウンズフィールドのホームページより


★ソーヤー海 特別ワークショップ in ブラウンズフィールド


共感コミュニケーション、マインドフルネスで
自分らしく生きることについて探求する2泊3日のリトリート

ついに!ソーヤー海君がブラウンズフィールドにやってきます!
ソーヤー海君が歩んできた自由で楽しい道を、共感コミュニケーションやマインドフルネスのワークを通じて学びましょう。

5月は、ブラウンズフィールドがエネルギーあふれる最高に気持ちのいい季節!
素晴らしい自然の中で、ワクワクするようなプログラムをベースに、自分、人、自然が繋がるワークをし、土に触れ、美味しい食事を作っていただき、心と身体も整えて、これから自分がどう生きたいかを見つける超贅沢な時間を過ごしてみませんか?

ソーヤー海、中島デコ、スタッフ一同揃って、みなさんにお会いできるのをお待ちしております!

● 日程:2018年5月25日(金)〜5月27日(日)

● 場所 :ブラウンズフィールド サグラダコミンカ

● 集合時間:5月25日 13時30分 ブラウンズフィールド サグラダコミンカ
       送迎が必要な方は 13時10分に長者町駅にお迎えに
       行きます。(この時間に遅れた方はタクシーをご利用ください)

● 持ち物 :水筒。帽子。筆記用具。
       泥んこになっても良い服装(田植えをします)
       タオル、バスタオル、洗面用具。

● 参加人数:限定15人

● 参加費 :43,000円  ワークショップ、宿泊費、送迎代。
      朝食2回、夕食2回、カフェランチ1回の食事代を含みます。

参加費は事前振込となります。お申し込みをいただいた後、返信メールにて振込先をご案内いたします。

● スケジュール
<25日(金)>
13時10分 (お迎えの必要な方)長者町駅
13時30分 ブラウンズフィールド サグラダコミンカ集合
              チェックイン 自己紹介
15時30分 ブラウンズフィールドツアー
              野草摘み with DECO
16時30分 ご飯作り with DECO
18時    夕食
19時    交流会 エンパシーサークル*
20時30分〜 お風呂、就寝。

<26日(土)> 
8時〜    朝食
9時〜    NVCの講義*、コミュニティタイム
12時〜14時 ブラウンズフィールドのライステラスカフェでランチ
自由時間
14時〜16時 田植え
16時    アースオーブンピザ釜準備、五右衛門風呂焚き、
              キャンプファイヤーの準備
18時    天然酵母のピザパーティ キャンプファイヤー
              海&デコとお話し会 交流タイム

<27日(日)>
6時半    朝の運動(by DECO)
8時     朝食
9時     ビジョニング* チェックアウト
11時半  解散   送迎
解散後、オプションでカフェランチや平和道場見学会に参加できます。

 詳細、申し込みはここ


僕とデコさんが楽しめる
企画を考えてみた
ワクワク
主催者が楽しまないとね!

Thursday, April 12, 2018

4月20日 アースデイ永田町2018

アースデイ永田町2018

LETS GO!




アースデイとは?

アースデイ(別名:地球の日、英: Earth Day)は、地球環境について考える日として提案された記念日。4月22日のアースデイが広く知られている。 1970年4月22日、アメリカ合衆国上院議員であったゲイロード・ネルソン氏は、環境問題についての討論集会を開催することを呼びかけた。その後、4月22日のアースデイ集会という運動形態は、全世界へ広まっていった。


アースデイ永田町とは 

 日本の政治の中心地である永田町で、
ピースフルに話し合う場と、癒し体験空間をつくりだしてきた「アースデイ永田町」。 立場の違いを超えて地球を感じ、お互いの声を聴きあう1日にしたいと思います。開催5回目となる今年のテーマは「アクティブ・ホープ」。地球でつながり合う生命のために、 いま私たちができることを みなで 考え、 感じる場づくりを目指します。

ホームページはここ



僕は残念ながらいすみから離れられないけど、
去年は行って本当によかった。
参議院議員会館の中に入るのも不思議な感じだけど
そこで議員をマッサージしたり
味噌をみんなで作ったり
最後はIMAGINEのフラでしめるって
エッジ過ぎる!

去年の様子は

【写真】アースデイ永田町を終えて



これは、まさに社会変革
僕が好きな形の政治活動
(投票は好きじゃない)
現場に行く
革新的なアクションをする
目指している世界を創造する(一時的でも)

共生革命

今の道場もそういう世界な感じがする
ようやくワクワクする場ができた

共生革命達@アースデイ永田町


革命家の新しいあり方